Home  > ソリューション  > 通信基地局

通信基地局

世界中の通信基地局で運用コストを削減、グリーン化も。

ゼファーのテレコムソリューション、それは携帯通信事業会社 (オペレーター)であるお客さまのビジネスにエネルギー革新をもたらします。小形風力発電機「エアドルフィン」は超軽量の強みを活かし、基地局の既存タワーに取り付け可能。太陽光パネルなどと組み合わせたハイブリッド電源として、エネルギーコストのみならず、運用コストを大きく低減します。社会から要望の高まるグリーン化にも貢献するなど、その有効性は国際的に高い評価をいただいています。

用途

無電源地帯の基地局での電源として。

通信エリアの拡大にともない、遠隔地への携帯基地局の展開が進んでいます。特に、無電源地帯ではこれまでディーゼル発電機での電力供給が主流でしたが、運用コスト削減や社会的な環境保全への要求から再生可能エネルギーに注目が集まっています。ゼファーは基地局の規模に応じたサービスを提供します。

非常時にも通信を確保するバックアップ電源として。

災害などによる停電時にも、ライフラインとしての通信網を安定的に確保するために、再生可能エネルギーを活用した電力供給をご提案。もちもん通常時は節電効果が得られます。

設置事例

Airdolphin PRO 1台

ナミビアの携帯通信事業者、MTCの100%再生可能エネルギーによる通信基地局に導入。当初は太陽光パネルとバッテリーのみでの運用でしたが、エアドルフィンを導入することで、日照が十分得られない雨季などでも、安定的な稼動が実現されました。

設置機器 「エアドルフィンPro」(Z-1000-48)×1台
ほかに太陽光パネル、バッテリーなどを併設
用途 無線装置


通信基地局に関するお問い合わせ

通信基地局への小形風力発電機導入をお考えの方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

法人・公共のお客さま
ページのトップにもどる