Home  > ソリューション  > 遠隔地・無電源地域

遠隔地・無電源地域

洋上から山岳まで、再生可能エネルギーによる電力を届けたい。

ゼファー創立時から携わっている、無電源地域への電化事業。遠隔地での気象観測や防犯監視、離島や村落のインフラ整備において、地球環境にも配慮した再生可能エネルギーによる電力供給の必要性が高まっています。砂漠や寒冷地のような過酷な環境にも耐える高性能風力発電機を活用し、環境に合わせた最適なエネルギーミックスをご提案します。

設置事例

磐城沖ガス田-磐城沖石油開発株式会社(現国際石油開発帝石株式会社)

福島県楢葉町の沖合約40kmに位置する無人の海上ガス田に対する独立的な電源として導入されたミニウィンドファーム。約2年間にわたり計6度台風が通過するものの故障はなく、ほぼメンテナンスフリーで安定的な電力供給を実現。遠隔地電源として高い信頼性を獲得。

設置機器 「エアドルフィンMark-Zero」
(Z-1000-24)×21台
用途 フォグホーン、監視カメラ、灯光、衛星通信機器
三宅島火山ガス計測設備
三宅島火山ガス計測設備
洋上気象観測設備
洋上気象観測設備

遠隔地・無電源地域に関するお問い合わせ

プロジェクトの構想、規模、ご予算などに応じて最適なソリューションをご提案させていただきます。お問い合わせフォームからご連絡ください。

法人・公共のお客さま
ページのトップにもどる